シミ・そばかすがひどい!美容に無頓着な私が美肌を取り戻した方法

気づけばシミ・そばかすだらけの恐ろしい顔に

 

 

 

はじめまして。

 

私は40代の女性です。

 

未だ未婚な私ですが、その原因は美意識が低すぎたことにあります…。

 

 

 

私は昔から顔にコンプレックスがありました。

 

学生時代も社会人になってからも1度もモテたことがありません。

 

顔に自信がないのなら、もっと綺麗になる努力をすれば良かったのですが、

 

私は「女は中身が大事!」みたいな言い訳をして全く努力をしてこなかったんです。

 

 

 

化粧は適当。

 

ヘアスタイルも適当。

 

特別なスキンケアはほとんどなし。

 

食べたいものを食べ放題。

 

夜更かしし放題。

 

紫外線浴びまくり。

 

 

 

こんな生活を20年近く送り、気が付けば40代独身。

 

そして最近は、鏡を見るのさえ苦痛になってきました。

 

その原因は顔全体に広がったシミ・そばかすです。

 

 

 

長年の不摂生が祟り、40代にしておばあちゃんのような顔になってしまいました。

 

シミ・そばかすの量が多すぎて、どんなに濃い化粧をしても隠しようがありません。

 

 

 

私はこんな状態になって、初めてこれまで努力してこなかったことを後悔しました。

 

例え顔が可愛くなくても、もう少し美容に気を遣っていればここまでならずに済んだはず。

 

人を妬んだりするばかりで、何もしてこなかった私は中身もブスだったことに気づいたんです。

 

 

 

「今からでも頑張ってみよう」と一念発起した私は、まずはシミ・そばかすをどうにか消して

 

元の肌に戻る方法はないのか、探してみることにしたんです。

 

シミ・そばかすができる原因

 

 

 

ほとんど美容の知識がなかった私は、ネットや雑誌の記事を漁り、一からシミ・そばかすを消す方法を

 

勉強しまくりました。

 

そこでまず驚いたのがシミ・そばかすのできる原因です。

 

シミやそばかすの原因は1つだけかと思っていましたが、実は他にも様々な原因があるんです。

 

 

紫外線によるダメージ

 

 

 

シミの原因として真っ先に思い浮かぶのが太陽の光から来る紫外線です。

 

紫外線の中に含まれるUVB波が肌に当たると、肌の基底層にあるメラノサイトで茶色〜黒っぽい色をした

 

メラニンという物質が作られます。

 

このメラニンの使命は紫外線から肌を守ること。

 

メラニンは肌表面まで上がっていき、肌に色をつけてしまいます。

 

これがシミと呼ばれるものの正体です。

 

 

 

紫外線によるシミは老人性色素斑と呼ばれ、紫外線を浴びるたびにますます色が濃くなっていきます。

 

酷い状態になると、シミが皮膚から浮かび上がってイボ状になる脂漏性角化症に変化することもあるので、

 

なるべく早いうちに消してしまいたいですね。

 

 

親からの遺伝

 

 

 

鼻や頬の周りにできる細かいシミをそばかすと言います。

 

他のシミと違って子どもにもあったりしますが、これの原因は遺伝なんだそうです。

 

欧州など寒い地域に住む白人の方に多いのはこのため。

 

そばかすは子ども〜思春期くらいに出てきて、30代くらいになると自然に消えていきます。

 

大人になってからできる人もいますが、これは厳密にいえばそばかすとは別物のシミらしいで、

 

こちらはなかなか自然に消えることはないようです。

 

 

 

そばかす自体は遺伝が原因ですが、紫外線を浴びると濃くなることがあるので、

 

紫外線によるシミと同じく、なるべく紫外線に触れさせない方がいいですよ。

 

 

不健康な食事

 

 

 

何にも考えず好きな物だけ食べていると、どうしても栄養が偏ってしまいます。

 

すると、身体全体の機能が弱まったり、老化が早まったりしてしまうんですね。

 

シミができやすい肌、シミができにくい肌というのも、食事によって作られます。

 

特にシミに良くないと言われているのが白砂糖とカフェインです。

 

 

 

白砂糖は体内に活性酸素という物質を大量に作り出す原因になります。

 

活性酸素は身体をサビさせ、老化を招くと言われているんですが、これを除去してくれるのが

 

ビタミン類です。

 

ビタミン類は紫外線からのシミを防ぐ作用もあるんですが、砂糖を摂りすぎると

 

活性酸素の除去にビタミンを消費してしまい、シミが防げなくなってしまうんです。

 

 

 

もう1つのカフェインは、血液の流れを悪くし夜飲むと寝つきが悪くなることから

 

シミに良くないと言われています。

 

血行不良や睡眠不足はシミの1種である肝斑(かんぱん)を作る原因になります。

 

カフェイン入りの飲み物は多いですが、なるべく朝〜昼に飲み、

 

摂りすぎには注意しましょう。

 

 

睡眠不足

 

 

 

睡眠不足は上でも書いた通り、肝斑というシミの原因になります。

 

肝斑は女性ホルモンの不足が原因でできるシミなのですが、女性ホルモンが作られるのは

 

寝ている間だけなんです。

 

 

 

また、眠っている間には肌のターンオーバーに必須の成長ホルモンというものが分泌されます。

 

ターンオーバーとは肌の古い皮膚がはがれ、新しい皮膚が中から出てくる仕組みのことで

 

ターンオーバーが正常に働けば、シミは自然と消えることもあり、シミ対策にとっては

 

重要なホルモンです。

 

 

 

女性ホルモンと成長ホルモンという重要な2つのホルモンを作る睡眠ですが、

 

上で紹介したカフェインの摂取や、ストレス、不規則な生活などによって

 

眠りが浅い、「質の悪い睡眠」になってしまうこともあります。

 

質の悪い睡眠ではホルモンの分泌も減ってしまうので、睡眠時間だけでなく、

 

睡眠の質も意識してみてください。

 

 

怪我や間違ったスキンケア

 

 

 

ニキビを潰した後に、ニキビ自体は治っているのに肌が変色したって経験はありませんか?

 

これは炎症性色素沈着というシミの1種です。

 

このシミは比較的治りやすいシミで、10代とか20代くらいなら自然と消えることも多いですが、

 

歳をとってターンオーバーに時間がかかるようになると、なかなか消えにくくなっていきます。

 

 

 

怪我をするのはもちろんのこと、叩いたり擦ったりといった雑なスキンケアでも

 

シミになってしまうことがあるので、肌は優しく優しく扱わなければなりませんね。

 

 

 

 

シミの原因について書いてみましたが、私は当てはまるものが多すぎました…。

 

私以外でもシミはいくつかの原因で別の種類のシミがごちゃまぜにできてることも多いそうです。

 

ここに書いてある原因となるようなことを避けていくのが、シミを減らす第一歩ですね。

 

シミ・そばかすを消す方法

 

 

 

それではいよいよ本題、シミやそばかすを消す方法です。

 

大きく分けて、病院で治療する方法と、市販のもので自分で治す方法の2つあり、

 

それぞれメリット・デメリットがあります。

 

病院で治療する

 

 

 

シミ消しを行っているところには、病院以外にもエステなどもやっていますが、

 

エステでは「医療行為」ができず、薬の処方や、刺激の強いレーザー治療などはありません。

 

ですから本格的に治したいのであれば、やはり病院に行く方が確実。

 

ただ、シミを治してくれる診療科はいくつかあり、それぞれちょっとずつ特徴があります。

 

 

診療科による違い

 

 

 

皮膚科

 

一般の病院にある皮膚科は基本的に皮膚疾患を治すところです。

 

かゆみや炎症があるようなシミ、イボ状のシミ(脂漏性角化症)などは皮膚科で治療可能ですが、

 

それ以外に関してはかなり病院の方針によって違いがあります。

 

治療の多くは保険適用され、シミ治療してもらえる病院であれば、美容クリニックに比べて

 

割安で診てもらえるのが利点ですね。

 

もし皮膚科でシミ治療したい場合には、ネットなどでご近所の病院の口コミを探してみてください。

 

 

 

美容皮膚科、整形外科などの美容クリニック

 

美容に特化した病院で、シミ、そばかす治療を考えるなら最もマッチしたところです。

 

皮膚科よりもシミ・そばかすの知識を持ったお医者さんが診てくれますし、治すための薬や

 

治療器具も豊富にそろえています。

 

ただ、難点として、治療費が高額になるケースが多いです。

 

シミ・そばかすを消すための手術、処方が保険適用外になることが多いのと、

 

一般皮膚科ではないカウンセリング料が取られたりするためです。

 

 

病院でのシミ治療方法

 

 

 

では具体的に病院でのシミ治療はどんなことをするのでしょうか?

 

ここでは代表的な治療法を2つ紹介します。

 

 

レーザー治療

 

シミにレーザーを撃ち込み、メラニン色素を取り除く手術。

 

シミの数が少なければ、レーザー治療自体は1回の通院で終了しますし、早く治したい人にとっては

 

これ以上ない方法だと思います。

 

 

 

 

ただ、気をつけなければならないのは、治療後に皮膚が赤く腫れあがったりする

 

ダウンタイムといういうのがあること。

 

この間は幹部に紫外線を浴びたりするのはNGで、専用のテープを貼っておく必要があるんです。

 

大事なイベント前などにシミを消したい人も多いと思いますが、ダウンタイムを計算して

 

早めに手術をした方がいいでしょう。

 

 

 

また、レーザー治療をしても完全にはシミが消えなかったという人も一定数います。

 

薄くなるのは確実でしょうが、完全になくせるかどうかはシミの種類・シミの濃さなどに影響するようです。

 

炎症性色素沈着というシミが出ることも多く(一定期間で消えますが)、一時的にシミが余計に目立つ

 

という場合もあります。

 

 

 

レーザー治療はレーザーの種類や照射回数によって値段が代わり、シミの範囲が大きいほど

 

値段は上がっていきます。

 

 

シミを消す薬

 

肝斑などのレーザー治療で消しにくいシミについては、塗り薬が処方されることもあります。

 

シミを消す薬として代用的なのがハイドロキノンとトレイチノンです。

 

 

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほどの効果を持つ塗り薬で、シミを消す効果はとても高いです。

 

しかしその分、肌への刺激も強く、敏感肌の人はかぶれや赤み、ヒリヒリとした痛みが出やすいそう。

 

化粧品にも配合されていることがありますが、病院で処方されるのは化粧品よりも配合量が多いもので、

 

効果&副作用が大きいのが特徴です。

 

 

 

もう一方のトレイチノンはシミ自体を消すのではなく、皮膚のターンオーバーを促し、できてしまった

 

メラニンをできるだけ早く外に排出してしまうことを目的とした薬です。

 

こちらも皮膚の赤みやヒリヒリした痛み、乾燥肌になるなどの副作用があります。

 

また、ターンオーバーを強制的に早くするので、その分普段以上に紫外線対策に気を遣う必要があります。

 

 

 

 

 

病院での治療はシミ・そばかすを早く治したい、確実に治したいという方におすすめです。

 

ただ、その分お金や通う手間がかかりますし、何よりも副作用が怖いという欠点もありますね。

 

自分のシミの状況と照らし合わせて、治療しようかどうしようか…と悩む女性も多いかもしれません。

 

 

自分で治す

 

 

 

続いては、市販のシミ対策商品を使って、家でシミ消しをする方法です。

 

病院で行う治療に比べると、どうしても効果は出にくいですが、その分お金や時間は少なく済みますし、

 

副作用のリスクも少ないという利点もあります。

 

 

美白化粧品を使う

 

 

 

美白化粧品とは、シミ・そばかすを防ぐ成分が入った化粧水・美容液・クリームのこと。

 

基本的に今あるシミに対してというより、今後新しいシミを防ぐ効果がメインとなりますが、

 

一部成分にはシミを消す効果もあり、使い続けることでシミを改善できることもあります。

 

 

 

効果のある美白化粧品を選ぶには、国が認める有効成分が入っているかどうかという部分が重要。

 

効果が認められている成分のの一例としては↓のような成分があります。

 

 

  • アルブチン…メラニンが黒色化する原因のチロシナーゼ生成を抑える
  • トラネキサム酸…メラニンの生成を抑える
  • プラセンタエキス…ターンオーバーの促進と抗酸化作用
  • ビタミンC誘導体…メラニンによる色素沈着を防ぐ、抗酸化作用

 

 

 

どれもシミ予防効果がありますが、シミを消す効果が期待できるのはビタミンC誘導体のみ。

 

シミを消したいという理由で美白化粧品を使うならビタミンC誘導体が入ったものを選んでみてください。

 

 

 

また、美白化粧品の中には、病院で処方される薬としても紹介した

 

ハイドロキノンが配合されているものもあります。

 

もちろん、病院で処方されるハイドロキノンよりも配合量が少ないですが(2%以下)、

 

やはり入っていないものに比べてシミを消す効果は大きいです。

 

ただ、その分肌への刺激が大きいのは薬と同じで、肌が弱めの人は使えませんし、

 

使い方も普通の美白化粧品とは異なることがあるので注意書きをしっかり読んで正しく使ってください。

 

 

 

美白化粧品は最初に書いた通り、あくまでシミ予防がメイン。

 

薄いシミは消すことができますが、色が濃いようなものは美白化粧品だけでは手に負えないこともあります。

 

また効果が出るまでに時間がかかるため、すぐに治したい人には不向きです。

 

逆に時間をかけても、日頃のスキンケアの延長で手軽にシミ予防・シミ改善したい人にはいいですね。

 

 

L-システインの医薬品を使う

 

 

 

自分で治すもう1つの方法は、L-システインという成分が配合されたサプリメントや医薬品を飲む

 

という方法です。

 

L-システインの効果としては以下のようなものがあります。

 

  • シミ・そばかすなどの色素を抑える効果
  • メラニンの生成を抑え、色素沈着を抑える効果
  • 肌のターンオーバーを促進し、メラニンを外に排出する効果
  • 抗酸化作用により活性酸素を除去し肌の老化を防ぐ効果

 

つまり、シミを予防し、今あるシミ・そばかすを消してくれるんですね。

 

また、シミ・そばかすには関係ないですが、代謝を活発にすることで疲労回復などの効果もあるようです。

 

 

 

 

L-システインが含まれている商品はいくつか販売されていますが、選ぶ基準としては2つ。

 

医薬品であること

 

L-システインが配合されている商品には、サプリメント、医薬部外品、医薬品など様々なものがありますが、

 

効果・効能・副作用などがはっきりしている医薬品がおすすめ。

 

サプリメントなどと違って国から承認されているため、信頼性も高いです。

 

 

 

ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6が配合されていること

 

L-システインはビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6と一緒に摂取することで効果を発揮します。

 

国産のL-システイン医薬品はビタミンCが配合されているものがほとんどですが、ビタミンB2、ビタミンB6については

 

配合されていないものもあるため、成分をチェックしてみてください。

 

 

 

副作用としては皮膚の発疹・発赤、かゆみに加え、吐き気、嘔吐、腹痛など書かれていますが、

 

第3類医薬品なのでそれほど副作用のリスクは高くありません。

 

用法・用量を守っていればL-システインの過剰摂取にもなりませんし、

 

副作用がでることはほとんどないでしょう。

 

 

 

ここに書かれていない(まだ関連性が証明されていない)副作用として、

 

飲み続けていると白髪になるという話もあります。

 

ただ、これについては、ビチオンという栄養素を一緒に摂ることで解決できます。

 

ビチオンはサプリメントがネットでも比較的安く手に入りますので、L-システインを飲む場合は

 

一緒に飲むことをおすすめします。

 

お一人様1点まで!限定価格★★ビオチン(ビタミンH) 5000mcg 120粒NOW正規販売代理店

 

 

 

L-システインの医薬品は美白化粧品と同じく、シミを消すまでに時間がかかるため、

 

早くシミを消したいという人には不向きです。

 

ですが、副作用が少ない方法が良い、手軽な対策でシミを消したいという人には良い方法だと思います。

 

L-システインサプリを試してみました!

 

 

 

ここまで色々な方法を紹介してきましたが、私が最初に選んだ方法は

 

L-システイン医薬品を飲むことでした。

 

私の場合、特に何かイベントが控えているという状況でもなかったので、

 

時間がかかってもなるべく身体に負担をかけずシミが治せるのが一番だったんです。

 

もし、高いお金を出して失敗なんてしたら、心が折れそうですしね。

 

 

 

そんな訳で一番身体への負担が少なく、続けやすいL-システインを選んだ私。

 

前々から目をつけていた「ホワイピュア」という薬を飲み始めることにしました。

 

 

 



 

 

 

私がこれを選んだのは医薬品でビタミンC、B2、B6が入っていることに加えて、

 

ビタミンCの配合量が1000mgと他のL-システイン薬と比べて多かったからです。

 

ビタミンCはL-システインの働きを助ける以外にも、抗酸化作用があったり、

 

肌のターンオーバーを促進したりと単体でも美肌効果があります。

 

美肌効果を得るためにはビタミンCは1日1500〜2000mg必要と言われており、

 

食べ物だけでその量を摂取するのは難しいと思ったのです。

 

 

 

 

 

こうして、ホワイピュアを朝夕食後に3錠ずつ+白髪予防のビチオンサプリを飲み始めた私。

 

面倒くさがりな私でも飲むだけなので、簡単に続けられました。

 

他にもこれまで適当だった紫外線対策や不規則だった生活習慣も改善して、

 

良い結果が出ることを祈り続けました。

 

 

 

そして、そんな生活を始めて2か月目後。

 

少しシミが薄くなってきたことを実感できるようになってきました。

 

顔色自体も少し明るくなり、「これはいける!」と確信できたんです。

 

 

 

現在は、薬を飲み始めて4か月になりました。

 

飲む前は顔中シミだらけだった顔でしたが、随分改善しましたよ!

 

あまり効果がないのは肝斑らしきシミだけで、それ以外はほとんど薄く、目立たなくなってきました。

 

もっと時間がかかることを覚悟していたんですが、たった3か月ちょっとでここまで改善するとは驚きです!

 

これまで副作用が出ることもなく、順調に続けられて本当に大満足ですね。

 

今後はL-システイン薬は継続しつつ、肝斑の治療もやっていこうと思ってます。

 

 

 

 

肌に刺激を与えたくない、お金があまりかからずシミを消したいという場合には

 

「ホワイピュア」を使ってみるのがおすすめです。

 

定期コースにすれば初回2,900、2回目以降は4,930円で購入でき、初回は

 

「ホワイピュア 薬用美白クリーム」も付いてきます。

 

 

 

これまであまり美容に気を遣ってこなかった人でも続けやすいですし、

 

面倒なケアが続かないという人も是非試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連サイト:
日焼け止めで肌荒れした時のケアと絶対肌荒れしない紫外線対策!
日焼け止めクリームのせいで肌荒れに!肌が荒れない日焼け対策は?
日焼け止めで肌荒れしないための対策!塗らずに紫外線を防げる!?
汚い背中をきれいにする、たった5つの方法とは
脇の黒いシミを治すには?黒ずみの原因をなくして綺麗な脇に!